青汁でダイエット

青汁の味の変化

青汁を飲み始めようと思っている人にとって、もっとも気になるところは、味ではないでしょうか。この青汁は、ケールが主成分となっている場合が多く、TVコマーシャルの影響で、不味いというイメージが浸透してしまいました。バラエティ番組でも、罰ゲームとして青汁を飲んだりするシーンがあったりして、身体にはいいけれども味は今一つというイメージを抱いている人が多いようです。しかし、このケールという野菜は、日本では馴染みがないのですが、諸外国では、一般家庭の食卓に出されるほど、馴染みの深い食材なのです。

そして、非常に栄養価が高いことも知られているようです。ただ、青臭さが非常に強くて、クセのある味なので、日本人にとっては、苦手な味の1つだと言えるのではないでしょうか。素材の面では、素晴らしい野菜なのですが、日本の食卓で普及しなかったのは、その味に原因があるのかもしれません。

そのケールに代わる野菜として、最近では、明日葉や大麦若葉などが使用されているようです。これらの食材は、栄養価が非常に高い割に、青臭さが少なく、食べやすい味であることが特徴です。こういった食材を主原料にしている青汁は、お茶のような感覚で飲めるほど、飲みやすいものになっています。もちろん、メーカーによって、味や成分に差はあるので、それぞれ飲み比べてみて、よりおいしいと思えるものを選べばいいのではないでしょうか。食物繊維も豊富なので、ダイエット効果も期待できます。

Copyright © 2014 青汁でダイエット All Rights Reserved.